CHANGE JOB Q&A

Webデザイナーとして会社を選ぶポイントは?

Webデザイナーとして転職を考えている方は、まず会社選びに悩むことでしょう。Webデザイナーという仕事は、会社によっては定義があいまいで、担当する業務も会社次第でまるで別物であったりします。会社の選び方は、今後Webデザイナーとして伸ばしていきたいスキルによって変わってきます。

Web制作をしている会社の場合

転職に伴い、Webデザインに特化したスキルアップを考えているなら、Web制作会社への転職がよいでしょう。基本的にWeb制作会社でのデザイナー業務は、PhotoshopやIllustratorによるデザイン業務と、HTMLやCSSによるコーディング業務を兼ねています。しかし大規模な制作会社になると、デザインに専念するデザイナーチームとコーディングに専念するコーダーチームといったふうに、分業体制で行っているところもあります。 もしも、今後デザイン業務に専念し、より専門的にデザインスキルを磨きたいという希望があるなら、デザインとコーディングを分業制としているWeb制作会社への転職を検討してみてはいかがでしょうか。
もちろん、デザイン技術もコーディング技術もバランスよく伸ばしていきたいのであれば、デザイナーがコーディングまでを担当するWeb制作会社も多くありますから、そのような会社を検討するというのも選択肢のひとつです。

自社サービスを提供している会社の場合

将来的には、Webディレクションや、制作のリーダー業務まで幅広くこなしていきたいと考えているデザイナーの方は、インターネットプロバイダー、インターネットメディア関連、ネット通販業など、いわゆるWebサービスを提供する会社への転職が適しています。 このような会社では、デザイン業務に限らず、Webサイト自体の性質や方向性までがデザイナーに一任されることもあります。さらに、小規模な会社になると、Webデザイナーがディレクターを兼任することも珍しくありません。
デザインだけでは表現しきれない独自の世界観を持ち、それを多くの人に広めたい方、あるいはデザイン業務の枠を越えてWebによる社会貢献や、新しい提案をしたい方、また、従来のWebサイトにはないような面白いコンテンツを発信していきたい方は、Webサービスを提供する会社を選び、全体を見渡せるポジションでデザイン業務にあたってみてはいかがでしょうか。

会社によってWebデザイナーがどこまでの業務を受け持つのか、業務範囲はさまざまです。今の自分のスキルや経験はどのくらいあるのか、そして5年、10年後の自分が何を達成していたいのか、現状把握と将来のビジョンを明確にし、会社を選ぶことが大切です。

関連リンクWebデザイナーの転職Q&A

TOPへ