CHANGE JOB Q&A

転職してシステムエンジニアになるには?

IT業界未経験者でも、システムエンジニア(SE)として活躍することができます。実際に、採用する企業側でも求人情報で「未経験可」や「教育制度の充実」を掲げているところが多くあります。当然ながら、IT業界に興味がなくても採用するという意味合いではありません。何らかの興味があってシステムエンジニアに転職しようとするのであれば、以下に紹介するポイントを押さえて採用試験に臨みましょう。

これまでの経験を活かす

システム開発企業によって、得意とするシステムが異なります。主にOS(オペレーションシステム)上で特定の作業を行うソフトウェア(アプリケーション)系システム、家電や自動車などの機械を制御するための組込系システム、通販サイトなどのWeb系システムなどです。これらは、クライアントの業種に影響します。企業の事務職で、人事や財務のためのアプリケーションシステムを使っていないところは少ないですし、製造業では、自動車のブレーキ制御や自動販売機などの機械に搭載する組込系システムが活用されています。現在では、あらゆる業種がシステムの恩恵を受けています。前職との関わりをうまくアピールすることができれば、志望動機に厚みがでます。
前職と関連するシステムを開発している企業では、システムエンジニアの業務にも業界知識が役立つことでしょう。

これから必要になる知識を予習する

エンジニア業界への転職を目指すのであれば、ひとつだけでもプログラミング言語を学んでおくことがおすすめです。プログラミングの能力がシステムエンジニアの業務に必ずしも必須というわけではありません。しかし、プログラミングの学習を通して、PCについての知識やシステムの役割を学ぶことができます。 また、「基本情報技術者試験」や「ITパスポート」など、初級者向けの資格試験の勉強も、システムエンジニアとして強みになる知識ですので、事前に取り組むと良いでしょう。
いずれも、独学で学ぶこともできますが、専門学校やオンライン講座、通信講座なども多く用意されています。システムエンジニアには、技術の進歩にともなうスキルの向上が欠かせません。未経験であっても、これらの知識に関する学習をあらかじめ行うことで、システムエンジニアとしてのポテンシャルがアピールできます。

前職での経験や業界知識、プログラム言語の学習やIT関連の資格取得に関する勉強をしているという姿勢は、企業にとって、採用に向けた大きな判断材料になります。未経験からシステムエンジニアになる場合、システムエンジニアとしての職務経験はありませんが、その分ほかの部分で自身のアピールポイントを作る必要があります。

関連リンクシステムエンジニアの転職Q&A

TOPへ