CHANGE JOB Q&A

システムエンジニアへの転職にはどのようなスキルが必要?

転職するシステムエンジニア(SE)の多くが抱える問題には、転職市場における自己の評価がわかりにくいという点が挙げられます。システムエンジニアの業務は多岐にわたるため、会社が違えば求められる経験やスキルも千差万別だからです。転職に際して必要になるスキルに、決まったものがあるわけではないのです。

経験年数はあくまで目安

一般的には、経験年数5年を目安に、中堅SEと呼ばれるようになることが多いようです。ただし、システムエンジニアにとって経験年数がすなわちスキルになるわけではありません。どのような経験があるのか、その中身が重要です。中堅SE以上では、設計などの実務的な経験だけでなく、リーダー経験やクライアントとの折衝経験、メンバーの教育経験などのマネジメント能力が求められることもあります。逆に、経験年数が少なくても、プロジェクトに一貫して関わった経験やアピールできる得意分野があれば、転職市場でも評価されるでしょう。
「転職したいけれど、経験年数が足りない」といった理由で尻込みしているのであれば、直接、企業に問い合わせてみたり、転職エージェントに相談してみたりするのもよいかもしれません。

転職でアピールできるスキルとは資格だけではない

習得したプログラム言語や取得した資格などは、自身のスキルを客観的に測る指標の一つです。業務経験に加えて、何らかの上位資格を取っておくことは、転職時のテクニカルスキルのアピールに繋がります。
しかし、転職によってより大きなキャリアアップを図りたいのであれば、自身のスキルを差別化しなければなりません。ここでの差別化とは、自身の持っているスキルによって、何を実現することができたかを説明し、そのスキルに付加価値をつけることです。
システム開発企業は、業務における問題を解決したいといったクライアントの要求に基づいてシステムを開発します。したがって、システムエンジニアに必要とされる本当のスキルは、クライアントに対する理解力と提案力、そして問題解決力といえます。たとえプロジェクト全体をまとめる立場でなかったとしても、同じように考えてアピールすることがポイントです。プロジェクトを俯瞰的にとらえ、担当した業務が問題解決のために果たす役割を理解できている人材こそが、企業が採用したいシステムエンジニアです。

転職は、場合によってはマイナスの結果をもたらすことがあります。自身のキャリアプランをしっかり考えた上で、転職の必要性とタイミングをよく吟味しなければなりません。

関連リンクシステムエンジニアの転職Q&A

TOPへ