Service

職種別ポートフォリオ作成支援

IT・Web業界に特化した人材会社だから分かる!
企業に評価されるポートフォリオ作成のポイントをアドバイス

ポートフォリオ作りでこんな悩みはありませんか?
  • どこまで情報を載せる必要があるかわからない
  • これまでの実績をうまくアピールできていない気がする
  • ポートフォリオを作ったものの、書類選考で落ちてしまう

Webクリエイターの転職活動に必須となるのが「ポートフォリオ」です。
特にWebデザイナー・UIデザイナーは、自分の実績やスキルをアピールするポートフォリオが、履歴書・職務経歴書以上に重要といえます。またWebディレクターであっても、ポートフォリオがあると採用担当者にスキルや経歴を伝えやすいでしょう。

しかし、あなたにスキルや実績があっても、ポートフォリオの見せ方が悪ければ、採用担当者には伝わりません。ウェブスタッフに転職相談にいらっしゃる方で、ご自身の強みを正しくアピールできている方は3割にも及びません。つまり約7割の方は、ポートフォリオで実力を過小申告している状態だといえるのです。

ウェブスタッフは、Web業界での転職を20年以上サポートしてきました。
そのノウハウをもとに、あなたのポートフォリオを転職のプロの目でチェックします。

ウェブスタッフの職種別ポートフォリオ作成支援サービスの特長

ポートフォリオでは、あなたのスキルや実績を最大限にアピールすることが重要です。しかし自分のスキルをアピールしようとしすぎることで、逆に強みを打ち出せていないといったこともあるでしょう。

ウェブスタッフのキャリアカウンセラーが、採用担当者の視点で客観的にポートフォリオを添削します。

  • スキルや実績が正しく伝わる見せ方をアドバイス スキルや実績が正しく伝わる見せ方をアドバイス

    スキルや実績が正しく伝わる見せ方をアドバイス

    忙しい採用担当者にスキルや実績をアピールするためには「何をメインで見せるか」の選択が重要です。アピールする強みによってポートフォリオの構成も異なります。
    あなたの強みを客観的に理解したうえで、最適な構成・見せ方をお伝えします。
  • この人良さそう!と思わせる文章の書き方を伝授 この人良さそう!と思わせる文章の書き方を伝授

    この人良さそう!と思わせる文章の書き方を伝授

    スキルや実績を伝えるためには、ポートフォリオの構成だけでなく、文章の書き方も重要です。
    デザインに対するあなたの考え方を明確に伝え、採用担当者から評価される文章の書き方をアドバイスします。
  • デザインや構成はもちろん誤字脱字までチェック デザインや構成はもちろん誤字脱字までチェック

    デザインや構成はもちろん誤字脱字までチェック

    ポートフォリオの構成が良くても、掲載するビジュアルの大きさ、フォントの種類や大きさなど、デザインの細部までこだわらなければ、スキル不足の印象を持たれてしまいます。また誤字脱字があると、それだけで印象が悪くなります。
    細かいデザインや誤字脱字も含め、最終的なチェックをします。

対象者

以下の職種での業務経験があり、ポートフォリオを作成している方

クリエイター系 Webデザイナー、UIデザイナー、コーダー、マークアップエンジニア、Webオペレーター、Webマスター
エンジニア系 フロントエンドエンジニア など
マネジメント系 Webディレクター、Webプロデューサー、プロジェクトマネージャ など
マーケティング系 Webマーケター など

サービスのご利用方法

01

キャリアアドバイス
へのお申込み
マイページのお申込みフォームから、ご希望日の1営業日前までにご予約をお願いします。
※事前に作成中のポートフォリオをご提出ください。

02

オンラインでの
キャリアアドバイス
キャリアカウンセラーが、あなたの強みや希望をお聞きし、自己分析をお手伝い。
ヒアリングしたあなたの強みをもとにポートフォリオの改善ポイントをお伝えします。

03

メール・電話での
添削サポート
修正していただいたポートフォリオを再度チェック。
あなたのポートフォリオ完成まで、キャリアカウンセラーがサポートいたします。

※ご利用には会員登録が必要です。
※ご利用の際は必ずご予約が必要です。当日の申し込みはできませんのでご注意ください。

ウェブスタッフが運営するサイトでは、利便性向上・分析・広告配信等のためにCookie等のデータを使用しています。当社が取得したアクセスデータとの関連付けの削除(オプトアウト)に関しては「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

同意して閉じる

確認する