常駐型Web制作請負

Webサイト運用にかかる、指揮命令や労務管理の負担を軽減

経験豊富な人材を活用し、Webサイトの運用を一括サポート。社内人材の再配置を可能にします。
「常駐型制作請負(業務委託)」とは、ディレクター・デザイナー・コーダーなどの専門性を有する外部人材が企業に常駐し、Webサイトの運用業務を一括サポートするサービスです。

常駐型制作請負について

従来の人材派遣を活用した運用体制から、業務委託への見直しを図る企業が増えてきました。その大きな違いは、常駐先のご担当者からの指揮命令の有無にあります。
常駐型制作請負では受託会社であるウェブスタッフが、日々の指揮命令を受けることなく、お任せいただいた運用業務の完遂を目指します。
それにより、指揮命令や労務管理などで発生していたご担当者のご負担を軽減させることが可能となります。運用業務のほか、弊社内の制作リソースによる+αの対応も可能です。

常駐型制作請負の仕組み

常駐型制作請負を活用するメリット

POINT.1

労務管理、外注管理の手間を軽減

受託業務の一切をウェブスタッフが担当することで、従来発生していた管理業務を削減することが可能です。

POINT.2

安定したリソースの確保が可能

制作スタッフの募集から選考・採用・教育まで一括してウェブスタッフが行います。「人材の定着率が悪い・・・」ご担当者のそんな悩みを解決いたします。

POINT.3

運用業務の改善・最適化

Webサイトの運用業務における課題の抽出、運用体制の整備などを適宜行い、最適な状態を維持します。

常駐型制作請負の流れ

STEP1

ヒアリング
業務分析

STEP2

体制のご提案
お見積り

STEP3

運用体制や
フローの構築

STEP4

常駐開始

STEP5

効果検証
改善

常駐型制作請負の料金について

運用体制や業務フローに応じて、お見積りいたします。
※詳しい料金についてはこちら

採用・人材活用における助成金のご相談はウェブスタッフへ

助成金をうまく活用すれば、大きくコストをかけずに、新たに人を雇い入れたり従業員の雇用環境を整えたりすることができます。
ウェブスタッフでは、IT・Web人材確保を必要とされる企業に対し、業務内容や採用状況を伺ったうえで、助成金の活用方法をご提案しています。

▶︎助成金について詳しく見る

常駐型制作請負のご利用事例

ヤフー株式会社 さま

▶︎詳しく見る

株式会社ヤマハミュージックジャパン さま

▶︎詳しく見る

カシオ計算機株式会社 さま

▶︎詳しく見る

IT・Web人材に関するお悩みを
解消したい方はこちらから

ウェブスタッフが運営するサイトでは、利便性向上・分析・広告配信等のためにCookieを使用しています。サイトをご利用いただく際には、Cookieの利用について同意いただいたものとみなします。詳しくは「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

同意して閉じる

確認する